動物支援ナースは、千葉科学大学 動物危機管理教育研究センターでの

災害時獣医療支援人材養成プログラム「動物災害支援危機管理士」資格講座で学んだ生徒と、その講師で構成されています!


【プログラムの概要】

このプログラムは、災害急性期に動物救護のための獣医療を支援できるよう災害時に必要な基礎知識を含む基本的なトレーニングを受けた人材を養成することを目的としたプログラムです。なお、この【動物看護師コース】の受講対象者は、現職の動物看護師だけでなく離職している動物看護師も含まれ、動物看護師の卒後教育の一環として位置づけられます。e-learning 主体でスクリーニングを含む合計60時間以上履修するコースです。(新型コロナウィルス感染症の影響にとりスクーリングに変更がある可能性がございます。」

本プログラム修了時には、文部科学省 学校教育法 105 条に基づく「履修証明書(Certificate)」を授与され、さらにセンターから「動物災害支援危機管理士」の資格が与えられます。

参加費用 約3万円
2ヶ月間の通信教育 + 千葉科学大学での2回の実技教育(交通費や宿泊費がかかります)

【プログラム内容】

「災害の危機管理」

「近年の自然災害・ハザードマップ」

「避難所の開設と運営」

「自主防災組織と公的支援」

「防災対策」

「災害看護学」

「動物の一次救命処置」

「動物の二次救命処置」「救急疾患の対応」


  詳細は、お問い合わせ下さい!